Introduction   ごあいさつ

 我々が長い間関わってきた「バレーボールのおもしろさを一人でも多くの方に伝えたい!」 そんな想いを抱えたメンバーが集まり、バレーボールの普及活動を開始しました。 学校部活動などでおこなわれているバレーボールは、どうしても「強化」という側面が強く 「鍛錬」という厳しさを追及する形となり、「楽しむ」というスポーツ本来の持つ特性を 十分に発揮できない場面が多く見受けられます。

 その活動が子どもたちにとって「楽しそうだからやってみたい」というような 最初の動機からかけ離れた活動となってしまったとき、それは苦痛となり、 子どもたちは競技から離れていってしまいます。 また、同世代同士での試合をおこなう場はたくさんあるのに対し、世代を越えての試合は皆無です。

「お母さんと子どもが一緒にコートに立てる場があってもいいじゃないか。」
「親子がネットをはさんで対戦する場があってもいいじゃないか。」
「日本一を目標にしないチームがあってもいいじゃないか。」

 競技性ではなく享楽性を重視するからこそ浮かんでくる発想であり、そういう場が、 よりバレーボールの楽しさをみなで分かち合える場所になれるのではないでしょうか。



「バレーボールを楽しむ」

 我々の活動の原点はこの一言に尽きます。
 この楽しさをたくさんの方々と共有し、バレーボールを通じてできた仲間と笑顔で結ばれれば どれだけ素晴らしいことでしょう。

しかし、
「それを実現できるような場所や空間がありません。」
「ないのであれば、我々が作りましょう。」
 このような夢や想いがたくさん凝縮され、作られたのが「Club Tom」です。
バレーボールを通して、たくさんの方々が親睦を深め、笑顔でつながる『輪』をどんどん大きくしていくことが 我々「Club Tom」の願いであり、目的です。 交流会では、参加者以上にスタッフの方が楽しんでいる可能性が高いです。 このようなことを考えているスタッフが楽しくなければ、参加者が楽しいはずがありませんから。 うまくなることも大切ですがそれが一番の目的ではありません。

「楽しむことが目的」です。



 是非、Club Tomバレーボール交流会に参加いただき、バレーボールの楽しさとみんなの笑顔に包まれた時間を一緒に過ごしましょう!

                                             特定非営利活動法人 Club Tom
                                                             理事長 鍬守知行


Club Tom KUMAMOTO

現在活動休止中

Club Tom SENDAI

クラス紹介・スケジュール

World Amity Games 下町カップ

inserted by FC2 system